お問い合わせ

XTC/3(コントローラ)

product_xtc

XTC/3(コントローラ)の特徴

XTC/3(コントローラ)は、XTC/2の後継機種として、2006年9月より販売を開始しました。XTC/3(コントローラ)にはシングルレイヤー仕様、マルチレイヤー仕様の2機種があります。それぞれにModeLock(特許取得)を搭載しモードホッピングを防ぎ、高い蒸着精度を保証います。

特徴

  • マルチレイヤー仕様であれば99までのプロセス、999までのレイヤ、32までのフィルムに対応し、2個のセンサーと2種類のソースをサポートします。フィルム/プロセスに名前を付け、その名前で簡単に呼び出す事ができます。
  • 12連センサーに対応します。
  • Ethernetに対応します(オプション)
  • XTC/2のプロトコルに対応しプラグ&プレイで置き換えが簡単にできます。

仕様・カタログ

    【お知らせ】

    XTC/2は、2006年に販売終了となりXTC/3に切り替わっております。

    XTM/2は、2008年に販売終了となりSQM160に切り替わっております。

    TM-400は、2008年6月に販売終了となりSQM160に切り替わっております。

    IC/5は、2010年12月に販売終了となりIC6に切り替わっております。

    Cygnusは、2010年12月に販売終了となりCygnus2に切り替わっております。

    Q-podは、2014年8月に販売終了となりSTM-2に切り替わっております。


     

    IC/5、Cygnus、IC4/IC4 Plus、IC6000、XTC2、XTM2、XTC/C、MDC-360C、MDC-361C、およびPLO-10iに関ましては、既にサービス・保守部品のご提供は終了しております。

    後継機種に関しましては、お問い合わせ願います。

そのほかの膜厚コントローラ

製品一覧